2018/06/09

「ダークサンクチュアリ」の3週目(周回:27)に3人で向かいます。

3人でも普通に進めるようになりましたね。

ワイのポートフォリオ(SBI)が順調すぎて怖いことになってるな。証券取引に手を染めてから5年くらい経つけど、今のところマジで負け無し(損失を出したことが一度もない)である。よく損切りが大事と言われているけれど、言い方は悪いが、ワイそのテの助言を全部無視したw 結果、全勝という……。ネットに書いてあるような知識は通用しないということなんだろうね。

念のため補足すると、今(現時点)から証券取引に参加するのはやや上級者向けだから注意ね。ワイも現時点では新規に何かを購入するということはしない。ぶっちゃけ今の時期は「いつ売るか」を決める時期。新規に買うときは覚悟を持って。強運の持ち主()なら負けはしないかもしれないけど、流れに逆らうことになるので確率的には相当厳しい。ネットには今が参入時、みたいな論調があるだろうけれど、参入してくれないと自分達の利益が出ないから釣っているだけというオチも珍しくない。べつに初心者釣らなくても、日銀がお金くれるって言っているんだからそれを有り難く受け取れば良いだけの簡単な作業なんだけどね。(証券取引してないと(直接的には)受け取れないから、そこに非参加者と参加者の差が生じて、相対的に参加者は利益が出ている。むしろよほどのミスしない限り損は出ないハズだが……)

ただ最近は、正直なところ、それ自体に意味はないということに気付いてしまい、このポートフォリオの行く末に興味が持てなくなってしまった。むしろ健康を維持することの方が数倍も大事のように思えてくる。お金で出来ることは限られている。

例えば今手掛けている趣味のゲーム制作。100%納得のいくデザインにするなんてのは、どれほどお金を掛けようとも不可能だろう。もちろん、限りなく100%に近付けてくる企業はあるかもしれないが、それは単にお金を出しているだけであって、個人制作とは呼べない。つまり、個人制作においてお金を掛けることは、高品質の素材は集まるかもしれないが根本的には何の解決にもなっていない。解決に近付くには制作者本人の能力と評価を鍛える必要があり、それらは容易ではない。

そう考えると、創作って本当に贅沢な遊びなんだなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする