2017/09/30

「ダークサンクチュアリ」の1週目(周回:21)に2人で向かいます。

秋アニメの季節です。沢山の作品の放映予定があるようですね。でも制作に使う時間を確保したいので思いっきり厳選しました。

例によって、キービジュアルだけを使った選別です。PVを観ていません。1枚のキービジュアルが勝負所ですね……。ただ今回は、新しい作品が全く入らず、事前に評価がある作品のみ残った感じですが……。

次の4作品のみ視聴予定です。キーワード録画の予約をしました。

キノの旅
このはな綺譚
僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
結城友奈は勇者である(第2期)

キノの旅は確定でしょう。前作に基づいた視聴なので、期待できます。

キノの旅に関しては、オススメ云々以前に、観ないと損するレベルかと。しかし、総じて視聴者の期待値が高いので、難しいアニメ化ではあると思います。

私はアニメ制作会社やスタッフの顔ぶれに興味はなく、確認していませんし、そもそもスタッフの名前を覚えていません。前回のアニメ化と今回のアニメ化が同じスタッフなのかは分かりませんが、同じならまあ余程のミスをしない限り視聴できますが、制作会社が違っていて、仮にキャラデザも変化させているとなると、どうなるかは1話が出てくるまで分からないですね。ある程度、キノとモトラドのイメージが固まっちゃっている気がしますので。前作にピタリと合わせるように維持してきたら順当にヒット、良い意味でも悪い意味でもイメージを変化させてきたら一部視聴者にヒットしますが結果として大コケの可能性も。

このはな綺譚は原作からです。私がメジャー作品の原作を読んでいることはほぼ無いのですが、このはな綺譚のような小粒の作品は、ちゃっかり読んでいたりします。Kindleの伏線と繋がったな。

このはな綺譚はリンカネのプレイヤーならまあおすすめと言って良いと思います。絵柄の好き嫌いはあると思うけれど、お話の組み立てなど作品としての基本スペックは高いので、間違いさえなければ前評判通りの好評で、最終話まで綺麗にまとまってくれると思います。……とはいえ最近は綺麗にまとまってくれるアニメ化作品が少ないので、若干の不安は否めません。

僕の彼女がマジメ(ry も原作の読者です。マイナー作品のアニメ化が続くけどこれは大丈夫なのか。アニメ的には内容も大丈夫なのかこれ。オススメはしませんが、個人的に期待しています。まあでも、こういった作品は迷わずギャグに振り切っていれば万全なので、アニメ化が失敗しにくい世界観の作品ではあると思います。こいつのアニメ化で外したら余程の下手だぞ……。

結城友奈は勇者である(第2期)は前作に対する前日談と、前作からの続きという側面が強そうです。第1期の通りの進行なら問題無さそうです。これも普通に作っていけば失敗はあまりないと思います。第1期もそうでしたが、万人向けではないので、あまりオススメはしません。あと、律儀に毎週は視聴しないかも。この作品は録画しておいて冬になったら一気に視聴するのが向いている気がします。やきもきしますもん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする