2017/07/15

「ダークサンクチュアリ」の2週目(周回:19)に3人で向かいます。

Kindleはあれから更に増えて、528冊になりました。

毎度思うのですがKindle本が増えすぎて収集が尽きません。Kindleアプリには”分類する”という概念がないらしく、ラノベもコミックも実用書も全部1つの棚に並べられている状態。しかも読む度にその並び順を入れ替えてくれるので、何かを読もうと思うと毎回探すことになる。人力逐次検索というやつだ。

一応ソート機能も用意されているだが、アルファベット順なので、まるで役に立たない……。「あ」に近いものはいいけど、「ん」に近いものはひたすらスクロールである。どうやら逆順という発想は存在しないらしい。インデックスも当然のことながら存在しないので、とにかく手を動かしてスクロールしないと並び順の後半にたどり着く前に諦めることになる。タイトルの一覧表示には、おそろしいことに1行表示モードというものはなく、1冊分で複数行を占有するから、1画面あたり5冊しか同時にタイトルを見られない。いったい何ページ分あるのか。

なんだかなぁ、だよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする