2017/06/03

「天空城 アクア=エリアス」の3週目(周回:??)に3人で向かいます。

Kindleの冊数が467冊に到達しました。Kindleのアプリには書籍のカテゴリ分けという概念は無いらしく、467冊がずらっと横一列に並んでいる様は壮観である。スマホは横スクロール操作も得意だけど、467冊をスクロールすることになるとは思わなかったぜ。

目的の本を見つけるのも苦労する。

読み終わった本を端末から削除すれば済むことなのかもしれないが、忘れた頃にまた読み返すのも、本の楽しみなので……。

それはそうと、最近は「アリアンローズ」の小説に手を出し始めました。これが意外と面白い。主人公に心の底から感情移入できるし、実際、主人公と境遇が重なるとこもあるのだ。これは当たりを見つけたかもしれない。ちなみに「アリアンローズ」というのは特定の作品のことではなく、書籍のカテゴリのようなモノらしい。

小説の中身は無論のこと、イラストが素晴らしい。カラーの挿絵の数が少なめなのが残念なところだが、欠点はそれくらいしか見当たらない。

コミカライズも頼んだよ……。頼む……! 当たりの作画担当であってくれ……! このテの小説は作画で外すと残念極まりない出来になるので、特に難しいジャンルではなかろうか……。あとコミックのサンプルをダウンロードしたら、サンプルで読める範囲に表紙と目次しか出てこないのも止めてほしい。本体の作画を数ページ見ないと判別できないんだよッ! サンプルで全ページの1/3くらい読ませてもらえると、もっと購入できると思うのだが、相変わらずこのジャンルは表紙だけで上手いこと釣ろうとするので困る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする