2017/05/13

「ダークサンクチュアリ」の3週目(周回:18)に3人で向かいます。

Kindleの書籍数は増え続け、とうとう今では455冊に……。書籍といっても半数以上はコミックですが。とはいえ、ラノベの数も順調に増え続けている。ラノベを書籍に加えて良いものかは謎ですが、出版されるだけはあって内容はしっかりしているものが多いね。

しかし、そろそろ流石に、買うものが無くなってきたような……。既にアニメ化された広く知られている作品は購入対象から外しているので、私が読むのはまだ最初の1冊とか、2冊しか出版されていないようなラノベ・コミックの購入がとても多いのだ。つまり、その2冊を読み切ってしまうと後が続かない。やきもきする。

続きが気になって仕方ない作品と、もう1冊目で完結でいいよ的な作品がある。その差はどこから来るのだろう。読者としても、作品の作り手としても大変興味深い。単に読者の好みの差、だけではないような気もする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする