謎のトランプタワー

うらら迷路帖『少女と占い、時々おなか』

期待度 Aマイナス → 評価 Aマイナス(維持)

CBCテレビ・BS-TBSの二カ所で録画できていました。

原作は未読でした。
しばらくは様子見します。
カルテット(主要4人)の差別化が薄いのか、いまいちよく分かんなかったです。どのくらい薄いのかというと、はいふり並みの薄さだよ!
声優さんはキャスティングミスでしょうか? 声質もうちょっと変えたらよかったのにネ。アニメなのですからもっと際立った違いを出しても良いのに。

ごちうさを意識しているような部分もみられますが、この構成ですと、とてもごちうさには及ばないでしょう。でも、ひょっとしたら化ける(変化(へんげ)するという意味で)かもしれないという微かな期待を胸に、視聴を続けたいと思います。変化(へんげ)しないなら、このままフェードアウトしそうな感じです。

色々と書き放題ですが、アニメを1話作るのには莫大なお金がかかっていると言われています。それだけに、方向性を決める人、舵取りをする人、物事の決定をする人の役割は重大ですし、アニメの実際の出来映えにも直接関わってくると思います。

残念ながら1話の印象は「ダメそう……」でした。適宜、軌道修正をして、良い作品に仕上げていってほしいものです。あ、でも声質の軌道修正は無理なんですよね。これは厳しいか……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする