2016/10/08

「ダークサンクチュアリ」の4週目(周回:13)に4人で向かいます。

今週は液晶ディスプレイの設置を見直しているところなんですが、ディスプレイの角度って、いくらにするのがちょうど良いんだろうね。

人それぞれです、とか、最適な角度は個人差があります、とカタログ的な言い回しは聞き飽きているので避けたいところです。まず、ディスプレイが何枚か? ってのが第一の分岐点だよね。1枚と2枚じゃ配置の仕方が違うと思うし、3枚とか4枚になってくると結構使い手のこだわりによって、最終的な配置は大きく異なっていたりする。個人差ってレベルじゃない……。

ぼくは2枚なのでそれほど大きな違いはないと思いきや、実は設置するときのベストの角度が分からないんだよね。90度にするとフレーム枠がぴったり付く上に2枚を並べる際に内側に折り曲げて角度も付けられるというナイスな設置になるんだけど、目の高さに対して90度の真正面ってのが目潰しの原因になりかねない。

では90度を諦めて少し角度を付けると、今度はフレーム枠をぴったり付けるためには、2枚を並べる際に同じ向きにしないといけない。内側に折り曲げるという作戦が使えなくなる。折り曲げると2枚のフレーム枠が離れていってしまうからだ。フレーム枠が離れるってコトは、2枚を目一杯使ったときの没入感は諦めることになるワケで、これも悩ましいところなのだ。

2枚を並べる際に同じ向きするのはどうか? 角度も付けるし、フレーム枠もぴったり付く。なんだかショップの展示品みたいな配置になるのだが、展示品ならこれでいいんだろうけれど、人間が横に移動しない限りディスプレイの隅の方を急角度を付けて眺めることになるので、それが目に優しい配置の仕方かどうかは、とっても謎である。これは試したことがないのでもしかしたら良い配置なのかもしれないけれど、ディスプレイを正面から使わないことこそが目に優しい使い方であると力説したサイトは流石に一つもないようだ。

ディスプレイにめっちゃ角度を付けて、ノートPCみたいに超斜めに配置して、人間の目の位置から見下ろすように利用する使い方もある。これは一度は試してみたいと思っている。角度だけ見たらぱっと見、巨大な液タブである。これはどうなんだろう……。TVのような使い方は出来なくなってしまうが、普段の作業用には良いかもしれない。よく考えたらスマフォはこの角度なんだよね。目の高さと同じ位置にスマフォを掲げているシーンは撮影やら鏡利用くらいのもので、斜め下に向かう視線が普段使いのはず。てか、ずっと目の高さにスマフォ掲げていたら腕が疲れる品。

そう考えると、液晶ディスプレイが真正面というのも謎である。その角度が最も使い易く目に優しいと仮定するならば、何か理由はあるのだろうか? TVと考えると近すぎるから、やっぱりTVと同じ考え方に基づく配置は、まずいんではなかろうか……?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする