2016/06/25

ダークサンクチュアリの6週目(周回:11)です。4人でボス戦に向かいますよー。スタンダードな構成です。やや危なっかしい構成ではあります。

Exceed、つまりはレベル100のようなものに到達したわけです。おめでとう、ヴィラ。よく頑張った! 見事っ……! 今日から君もハイレベル脇役だっ……! なお制作中のRPGには登場しないもよう

……それはさておき。

いや本当はヴィラが制作中ゲームの主人公になるはずだったのですが、お話が壮大すぎて(作者も)ついてこれないので、その前に話さなきゃいけないことを一通り詰め込んだのが現在制作中のゲーム作品になります。時系列はリンカネでの活動時期とぴったり一致するようにはなります。過去編とか未来編とか突然出てきてもファーーーーー!? ってなるだけやもんね。まあ、リンカネのヴィラを出してしまうと、別の世界に同時に存在することになり不思議なことになるので回避しておきたいというのはあります。

あとお話としては全然書かれていないので大変読み取りづらい設定として、ミンクは天才型のキャラというのに対比して、ヴィラは努力家という謎設定があります。皆勤並みに継続登録をしてくることで表現しようとしたのですが、何年掛かりで表現したん……。読み取ってもらえたかは謎ですね……。攻略にあんまり関係のないことですね。

Exceed特有の力とは何でしょうか。謎ですね。エントリー画面に特に変化は無かったということは分かります。戦闘中に発揮されるものなのでしょうか。転がっても一人で起き上がれるとかかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする