2016/06/18

ダークサンクチュアリの5週目(周回:11)です。4人全員バックアップです。

ハイエンドビデオカードには興味ないのだけれど、オンボード(本当はOnDie)のウィンドウモードでプレイしていると、ちょいちょい同期ずれが起きてビクッとなるのが気になってしょうがないので、普段使いのPCにも GTX 960 のビデオカードを導入することにしました。何故このタイミングで買ったし。

新しい物好きに言わせれば今は過渡期にあたり、NVIDIAからは 1070/1080(とその派生チップ)、AMDからは Polaris の登場目前。控える時期です。逆にこの時期は旧世代のチップは特価が出やすいので、安定性を望むなら従来チップの製品を狙うのも手でしょう。

PCのハードウェアとしての進化が緩やかになり、急激な変化は起こらなくなってきています。興味の対象がソフトウェアに向かうのも無理からぬこと……。

そして、今日は失敗談を一つ紹介してみましょう。

ツクマテのこのページに一般的なRPGのHPとダメージ値についての話題があって、ぼくも皆さんの意見というか思想を引き出そうと思って投稿したんですが、スレッドストッパーみたいな投稿になってて草

いや止めるつもりはなくて本当に聞きたかったんですが、全然聞けてなくてもう大失敗ですよ。HPに対するダメージの割合を考えて決めていくのって、ゲーム制作のうちでもかなり楽しい部類の話題だと思うのですが、ぼくの書き方がまずかったのでしょうね。ROMに徹した方がいいような気もする。自己紹介・あいさつを省略したのがまずかったかな? 自己紹介書いても皆さんの得にならないと思って省略しました。

ツクマテの管理人の方針としては素材サイトを主な目的としていて、素材以外に関する雑談は程々に、熱の入った議論は禁止の方向のようですので、ツクマテが制作者同士のコミュニティの中心に来ることは厳しいような気がします。あくまでも「素材サイト」であり、それを超える役割は担いませんという方向です。利用者としてはその方針に合わせるのが原則です。

では他にあるのかといえば、したらば掲示板の一部のスレッドが若干の役割を担っていますが、あれは見た目は匿名なので、議論の場として使うには厳しいものはあります。ニックネームでも構わないから少なくとも記名式じゃないと、語り合いというのは成立しにくいですから。

ツクマテの管理人が際どい話題も含めて議論OKとするように方針を変えて貰うのも厳しいでしょうし、したらば掲示板を登録制にするのも現実的ではないので、ツクール製品のコミュニティは現在「存在しない」と考えるしかなさそうです。海外には英語版のサイトはあるので、海外のコミュニティサイトにお願いして偽名OKの日本語版を作って貰うのも一手ですが、人が集まるかどうかは不明。

ただ記名式が良いといっても、facebookのように実名が求められるところは、そもそも人(制作者)が集まらないことあって根本的に厳しいものがあります。facebookの主旨は現実世界の交友関係をネットに持ってくるというのがあって、ぼくのようにリアルの交友関係0という場合はfacebookに登録しても何の意味もないです。本名で登録し、公開することは可能ですが、公開してもさして意味が無いので行っていないという……。

大穴としては「Enty」があるのですが、何度も運営に要望を出してはいるんだけれど、めっちゃ使いづらく、ブラウザも固まりやすく、UIは不統一かつトレンドを外しまくっており、サイトそのものに不具合も多いため、物理的にコミュニティになり得ないところがあります。サイトが改善されたら飛躍する可能性はありますが、言っても聞かないからなぁ……。そうこうしているうちに「ファンティア」が登場しました。登場したばかりなので可能性は未知数ですが、UIはトレンドを掴んでいるし、スマホ/PC両対応の軽い構造をしているので、良質のテンプレートとデザイナーが付いているものと思われます。こちらのほうがまだ飛躍する余地があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする