2016/04/16

ダークサンクチュアリの2週目(周回:10)です。3人で向かいます。

最近、Entyというサービス系のサイトを利用し始めたのですが、これがまた使いづらくて困ってしまいます。コンセプトは面白いのにシステムが貧弱で損をしている。今のままでは一定以上の人気は得られないでしょう。もちろん要望は全て送っているので、利用者としてはこれ以上できることは何もなく、対応されるかどうかは分かりません。

Entyのように一見良さそうで、コンセプトは素晴らしくても、使い始めると困ったことになる……というのは、ゲーム作品にも同じことが言えます。ぱっと見よさそうでも、いざプレイしてみると細かなところに配慮がなされておらず、何をしていいか分からない、不具合は目立つ、意味の無いオブジェの配置……。こういうのは避けていきたいものです。今、ステータス体系とUIデザインをどうするかの判断の時期に来ています。一作品しか作らないと決めているので、踏み台として作るのではなく、最初から完成度100%を目指そうと思います。実はこの方式は良くない手法とも言われていますが、ぼくはそうではないと思います。作者の本気度が80%くらいだったり、完成度が80%の作品なんて、プレイしたくありませんからね。

作者は100%の作品を提供します。それを遊び手が実際にプレイして、何点であると採点するかについては「関知しません」の一言に尽きます。感性の一致や、「面白さ」というものに対する考え方の違いによって、0点になったり、50点になったり、100点になったりするでしょう。好きに評価してくれたら良いと思います。プレイヤーには自由に批評をする権利があり、作者には酷評をスルーして80点以上の感想のみを拾い読みする権利があります。

フリーソフトって元々そういうものですからね……。

作品が多すぎるので自分で探すことはあまりなく、ツクール系は「RPGツクール作品投下スレ 5」(したらば掲示板)に投下された作品をプレイして、感想を書くことにしています。投下スレ5の場合、レス番号 349、350、354 がぼくです。というかそれしか書いていないですね……。2chは「10年ROMってろ」の道半ばですので書くことはないですし、ぼくが掲示板に何か書くのは割と珍しいかもしれないです。

一年ほど前より、グローバルな固定IPアドレスからインターネット接続していますので、ぼくの追跡は簡単にできるです。その程度の自信と責任くらいは持ち合わせているです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする