2016/02/27

ダークサンクチュアリの1週目(周回:9)です。前回転がったので、また1週目からですね。

先週のは概ねヴィラの運の悪さが原因かと思われます。

転がったという表現は、まあそれなりに使われているかと。一時期によく使われていた「床ペロ」という表現が使われなくなってしまい(「ペロリスト」と同時期に消えていった?)、流行りものがやがて使われなくなっていくスピードは感慨深いものがあります。

メガクラッシュの10割攻撃が命中すると、ある意味でどうしようもないのですが、いかがお過ごしでしょうか。

ほんのちょっとだけSTRとHP.Sに割り振っていればギリギリ助かってはいました。しかし、Level 100になったときのラスト成長ポイントは是非ともDEXに振りたいと使命感に燃えていますので、スルーして次の周回に進もうと思います。なお、サプライズの仕様拡張で実はLevel 110までありますとか言われた日にゃ、どうしようかと思いますが、それはそれで……。

今日は夜中使って〈インターステラー〉を観ていました。2014年の映画です。実はBD買ってそのまま開封せずに、本棚に仕舞ってあったものです。吹き替えが割といい声だったので、そのまま吹き替え版で観てしまいました。(本当は字幕のほうが良いとは言われますけど、私はあまりそういったことには拘らない系のSFファンです)

制作中のオリジナルゲームも、このくらいに壮大な展開を描けるといいかなぁと思いながら観ていました。まあ、言うのはタダですからね。制作予算は1/10000くらいしかないけれども、1/100くらいの壮大さは目指していきたいものです。

出来る範囲で程々に、という発想はあまりないですね。努力するなら、手抜きをせず最大限に。大風呂敷を広げて、かつそれを目指すようにしないと、伝わるものも伝わりません。自分が思っている大風呂敷も、実は大風呂敷でも何でもないかもしれません。〈インターステラー〉に勝てる作品を創る、くらいの気持ちで制作を進めていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする