2016/02/13

ダークサンクチュアリの4週目(周回:8)です。4人です。

オリジナルの棚を組み立てました。完成後、棚に置こうと思っていた物体が、ギリギリのところで入りませんでした。あと5mm足りない!

物体は棚の隣に床置きです……。

そんなオチが付いたところで、久しぶりに経済と投資の話題でも取り上げてみましょうか。2月に入り、国内の株式市場では面白いイベントが起きているようですね。伏線はいくつかありましたが拾えたかな? 別に拾わなくても大丈夫だと思いますが……。

現在、ぼくの場合、0.3Mくらいの損失(含み損)が出ていると思われますが、もちろん問題ありません。1年前に対策済みです。あまり興味もないので放っておくことにします。

お金を増やすために一番大事なことは収入を増やすことであって、投資と運用に集中して取り組むことではありません。確か、運用は6番目くらいに大事な要素だったかと思います(運用で大失敗をしないことは必要ですが)。優先順位の1番目は本業の収入です。支出を減らすことよりも収入を増やすことの方が確実で、重要です。大きな買い物の大失敗をしないことが2番目で、節税対策は3番目くらいだったかな? 割と重要なことなのですが大雑把にしか覚えていません。

沢山の書籍で言われていることですし、真実と逆のことを書いて読者を温かい気持ちにさせる書籍も沢山売れていますが、1番目がダメだと2番目以降をいくら努力したところで、それなりにしかなりません。1番目を支えるための2番目以降なのです。運用は6番目ですから大失敗さえしなければ何とかなります。大失敗を防ぐには投資金額を少なく抑えること。自分で出来るリスク低減は、投資する金額を下げることによってのみ出来ます。

株式市場で暴落が起きた程度で困ったり焦ったりするような個人投資家は、そもそも投資に向いていないし、運用の優先順位が高すぎるんじゃないかと。1番目から5番目まで文句なく出来ている人が、少しだけ時間割いて取り組むものなのに(なお、取り組まなくても問題なし)。

こうした感じで余裕を持ち冷静に判断すれば、アベノミクス(謎の用語ですが、もう広まってしまったようなので使用します)と株式市場の値動きは直接関係ないことを看破できるようになりますが、これを見破れる人は少ないのか、あるいは分かってても知らぬふりをしているのか、この機会を利用して何かしてやろうと企画する人々もいて、それを眺めているのがとても面白いです。何かのイベントでしょ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする