2015/09/19

ダークサンクチュアリの2週目(周回:5)です。3人編成です。先週はギリギリでしたね。ターン数が限られているのを失念しておりました。

連休初日は不在ですので、継続登録とこの記事の掲載は9月16日に済ませております。

出掛けてもゲーム制作のことを考えていたりします。取材の一環として出掛けるようなものです。制作においてはそろそろ文章を書いていきたいのですが、まだその段階ではなく、プロットの詳細を固めたり、フラグ管理の全体像を作ったりしているところです。

あとは最近のゲームを遊びたくなるのを我慢して、ここ最近10年分くらいの同人や個人制作の作品は一切プレイせずに進めております。これはネタ被りを根本的に防ぐのと、アイディアのコピーを物理的に不可能にするためでもあります。仮に同じアイディアが存在したとしても、それは偶然に過ぎません。

商業作品は一部、積み崩ししてプレイしています。これはゲームシステムの使いやすさの目安を確認するためのものです。Key、アリスソフトから各1本ずつプレイしてみて、どちらもシステム面は高い完成度と思われますので、参考にさせてもらっています。ただちょっと気になったのは、どちらも素晴らしい作品なのですが、どうしてもボイスの再生を飛ばし飛ばしになりがちで、文章をてきぱきと読んでいくプレイになってしまいました。文章量が物凄く多い作品というのもありますが……。フルボイス化は再考の余地ありです。戦闘シーンは必ずボイスを入れますが、通常の会話に全てボイスをつける必要があるのかと小一時間。ボイス付けてしまうとリリース後の校正も難しくなります。

あとは、そうですね。今作は元々ひっそりと公開すれば十分で、コンテスト応募などは一切しませんし、あまり宣伝や告知なども考えていなかったのですが、しかし個人制作といえども既に多くのクリエイターが様々な形で関わっていますので、なるべくたくさんの方に手にとってもらえるように工夫するというのも大事かな。

そこで、ある程度の告知はしていきたいとは思います。とは言うものの私はツイッターのフォロワー居ませんし(実質0人)、無名中の無名制作者ですので、どうやって告知するのかは割と謎です。

2015/09/19 19:40 追記 USJに行ってきました。楽しかったです(小並感) ……エクスプレス・パス5がありましたので、混み具合などを考えずにスケジュールを立てても予定通り回ることができました。

特に待ち時間が短いのはライド系です。例えば通常は90分待ちとなっていても、Expressの入り口から進むと5~10分待ちになります。もはや別ルート(物理) あまりにもショートカットするものだから、このまま先へ進んで良いかどうか迷っているゲストも居て、ぼくがこちらですとガイドしました。いや、ぼくも初めて体験するゲストなんですがそれは

シアター系は上映時間の関係上、待ち時間は必ず発生します。20分くらいの待ち時間でした。これでも通常よりは少なくなっています。

例外としてハリーポッターのライドは、エリアに入場してからライドに搭乗するまでの道程が結構長いので、列での待ち時間や移動時間は合計30分くらいになりました。公式の待ち時間が240分とかの時間帯に30分まで減らせますので、かなり減っていると考えることができます。というか……240分も待つことは(物理的に)可能なのでしょうか?

USJの感想は検索すると山のように出てきますが、エクスプレス・パスの有無により、まるで別のリゾートに行ったような異なる感想になると思われます。ここに関してはパス有りと無しではホント別物です。ネトゲの課金アイテム(時間短縮系)を買ってしまうような人には特におすすめします。

あの演出と臨場感をゲーム制作に活かすにはどうしたものか。どう逆立ちしても超えることはおろか並ぶことも不可能なんですが。しかし努力はしてみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする