2015/05/23

ダークサンクチュアリの1週目です。4人編成です。

新しいクエストに突入します。フルパーティです。何が出てくるか分かりませんからね……。

ゲーム制作では今、台詞セットを作っています。台詞セットというのは、キャラクターごとに代表的な台詞をまとめたものです。

ここで日本語の文章の書き方を一通りマスターしたことが活きてきました。ぼくは小説家になりたくて(今でもこれは捨ててはいませんが)書きまくっていた時期があるのですが、その際に、一次選考で速攻弾かれたりしないように、日本語の文章のルールを徹底させた覚えがあります。学校では教わらないことばかりで、これらは本を集めて勉強しました。インターネット上のWEBサイトは、ルールを既に知っているなら誤情報を見分けられるので大丈夫ですが、新規に勉強する場合は正直役に立たないと思いますので、もし気になるなら何でも良いので沢山関連書籍を揃えてみてください。

その後、ゲーム制作では日本語のルールが一部改編されて表現されることがあることを知りました。代表としては読点(、)があります。これ、厳密には違うんですが、横書きの文章が使われるゲームでコンマ(,)を使っている作品はあまり見ないです。

読点の位置を日本語として最も適切な位置から、微妙に外しているのはぼくの癖というかスタイルとして、わざとそうしていますので。これは何の作品だったか忘れてしまいましたが結構昔のゲームに、そういう作品があって、なんだか面白いので軽い気持ちで真似ていたら身に付いてしまい直せなくなったという呪いのアイテム的な理由からです。本気でプロの小説家になるつもりならこの癖はまずいので意識して直したほうがよいのですが、まあプロではありませんので放ってあります。ブログに少しかしこまった文章を載せるときは意識して推敲する程度です。このサイトでは別に直さなくても良いでしょう。

最後にもう一つ大事なことは、文章を継続的に沢山書き続けることですね。何を読んで学んでも、その次に実践を重ねなくては始まりません。ほんとこれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする